建売りに敗れた遠隔地マンション

街並み

 投資向けマンションや億ションなどに比べると、需要層の裾野が広い中堅所得層の一次取得者向けマンションはどうだろうか。
 首都圏では九〇年ごろから、一次取得者向けマンションの遠隔立地化が急ピッチで進行している。都心から五〇キロ圏前後、埼玉県下では六〇~七〇キロ(鴻巣、熊谷、小川、加須などの市町)圏にまでマンションが大量に建設されるようになってきた。
 地価があまりにも高水準化したために、通勤や日常生活の利便性に恵まれている近郊では、3LDK(専有面積七〇平方メートル台)が五〇〇〇万円台から七〇〇〇万円台になってしまい、一次取得者の射程距離外になってくる。四〇〇〇万円台かそれ以下で供給するには、遠隔立地化を図らざるを得ないのが現状である。
 そこで、遠隔立地型マンションの売れ行きはどうなるかという問題点がクローズアップされてくる。
 各都県から一~二の鉄道沿線をピックアップして、九〇年一月から九一年一〇月までの遠隔立地型マンションの月間成約率の推移を分析してみた。
 埼玉県下の高崎・川越シャトル。宇都宮線ブロックを除くと、各沿線とも期を重ねるにつれて、売れ行きが低下していることがわかる。この主因は、建売住宅に対するマンションの競争力が急速に低下したことにある。
 遠隔地のマンションは、当然にその沿線の建売住宅と販売競合することになる。八五年ごろまで、郊外マンションと建売住宅は、若干の例外はあるにせよ、共存関係にあった。
 つまり、建売住宅が買えない層が、郊外マンションにマイホームの夢を託していたのであり、共存関係を成立させていたのは、建売住宅に比べて、マンションに価格の割安感が強かったからである。ところが、九〇年ごろから、マンション価格の優位性(割安感)が喪失してしまったのである。

兵庫県への転勤がきまりました。
観光でしか訪れたことはありませんが,とても良い場所だった記憶があります。やっぱり引っ越すとなると気になるのが,アクセス環境の面ですよね。
兵庫県は,大阪や京都へもスムーズなので,快適な新生活をスタートできそうです。不動産事情を見てみると,賃貸物件も多くあって物件の種類もひとり暮らしから,ファミリー世帯に人気の物件も多かったので,自分の希望に合った賃貸物件を見つけることができそうです。
中には,リーズナブルの金額の賃貸物件もあったので,できるだけ引っ越し費用を抑えたい私にとっても嬉しいです。これからの新生活がとても楽しみです。関西への引っ越しを考えているなら,兵庫県おすすめですよ。

大阪の茨木市は若園公園があり、緑地もあり、自然豊かで子育てにはぴったりだと感じました。
その思いで茨城市にマイホームを購入しました。とれる野菜も美味しいので暮らしていて茨木市にならではの良さを実感しています。
また茨木市で不動産購入した理由の一つが学校もいろいろ選べるようなので子どもの進学先を考えるととっても教育面からみても良いと判断したのが理由です。
もし貴方も大阪で不動産購入を考えているなら茨木市がいろんな不動産物件・土地情報が豊富なので貴方やご家族にぴったりな不動産購入が出来ることでしょう。
自然が豊かでのんびり暮らしたいという方には最適です。大阪は茨木市にこの時期で不動産を購入し私と同じように快適な暮らしを実現されてはいかがでしょうか?茨木市の不動産物件を探すならe-くらし工房をご覧になってみてはいかがでしょうか。

大阪市西区で引越しを検討しているなら,ぜひ新町エリアを考えて見てはいかがですか?新町エリアは,おしゃれなお店が多くあって女性から人気のあるエリアですよね?そんな新町エリアにはデザイナーズマンションなどもあって,おしゃれな生活を送りたい方にデザイナーズ物件はオススメです!