金融以外の強力施策はあるか

日本

 総量規制を解除して地価が再上昇したならば、すぐ規制する(これをトリガー方式という)と大蔵省は述べている。総量規制をめぐる一連の動きをみるとき、ひとつの疑問に突き当たる。
 それは、現在の地価値下がりをもたらしたのは、土地政策では。外人部隊”である大蔵省、日銀の奮戦(総量規制)の成果であり、。本隊”である建設省、国土庁はどんな働きをしたのかという疑問である。まして、今後トリガー方式が発動されるとしたら、土地政策のなかで最重要施策である地価対策が。外人部隊”に主導権を握られてしまうことになりかねない。
 総量規制解除後に、地価上昇を抑えていくためには、建設省、国土庁が税制・金融以外の分野でいかに強力な施策を打ち出せるかにかかってくる。
 現行の国土法監視区域制度における土地の売買価格や分譲住宅価格の事前審査をさらに厳しくすることもそのひとつだし、監視区域の網の目をさらにこまかくすることも必要だろう。
 また、新政策としては、総量規制解除で不動産業界に流入してきた資金が、投機に流用されないようにがっちり歯止めを掛けることも緊急課題のひとつである。

マンション

【買い取り仲介の規制】
 具体策としては、地価や中古住宅価格の急騰をもたらした主因のひとつである不動産業者の買い取り仲介を、宅地建物取引業法を改正して、原則として禁止すべきである。
 欧米では、買い取り仲介は。「顧客の得べかりし利益を業者が横取りし、取引の公正を阻害する」という理由で全面禁止している国が多い。建設省や住宅宅地審議会は、このような実情を熟知しているにもかかわらず、買い取り仲介を野放しにしている。
 買い取り仲介を原則として禁止するだけでも、地価や中古住宅価格の安定に寄与するところが大きいことは多言を要しない。心ある不動産業者も、規制の必要性を認め始めているほどだ。
 消費者保護よりも業界の利益保護を優先しがちなのが日本の官原の通例だが、こと土地問題に関する限り、業界の利益保護が現在の異常地価を招いた主因のひとつになっているのは明白である。
 消費者保護の視点に立って、強力な新政策を打ち出すならば、地価上昇は頭打ちから値下がりに転じていくことは確実だ。その意味でも、宮沢内閣の土地政策の展開が注目されるのである。


新しく,お店の経営を考えている方はいらっしゃいますか?もしいましたら,ぜひ表参道エリアでお求めになりませんか?表参道エリアといえば,とてもオシャレなエリアとして高い人気を誇っている地域ですよね?そのため,ここ表参道でお店を出したい方も多いのでしょうか?
そんな表参道エリアで賃貸事務所について調べてみました。表参道エリアには多くの賃貸事務所が立地しているってご存知でしたか?おしゃれな町として名高い表参道エリアでお店をオープンしておけば,きっと人気のお店になること間違いありません。
ぜひあなたもこの機会に表参道エリアで賃貸事務所をみつけて充実したお店経営をスタートさせましょう!ぜひこの機会に一度ご検討ください。

ペリー来航,港,かもめ,海軍カレーというイメージある横須賀市は,米軍基地のある街として全国的にも有名な街ですが,他にも横須賀市には魅力がとても多いのです。
海の街でもあり山の街でもあるから,とにかく自然に触れ合える機会があるということ。日本人なら,梅を食したことがないとおっしゃる方はいないと思いますが,神奈川花の名所100選にも選ばれている梅の花の名所として,横須賀市にある田浦梅の里が選ばれています。2月中旬から3月中旬までの期間,2000本以上のうめの花が咲き誇り,見る人を楽しませてくれます。
そんな美しい自然を感じられる,横須賀市素敵だと思いませんか。
暮らしてみると更に良さを感じられそうで,暮らしてみたいと思う方も多いのでは。
横須賀市の不動産なら,ネット検索が手っ取り早くてとても便利ですよ。

愛媛県松山市。愛媛県の中央にあり,松山平野に位置しています。経度7度の差が東京とあることから,夜明けや日没は30分程遅くなるようです。そんな松山市。この地名が付けられたのは2説あるようです。一つは,松山にあったお城近くの山に多くの松の木が植えられていた事からこの名を付けたとも言われており,二つ目は,江戸の頃徳川家の一族であった松平家の名を一字取りこの名が付いたと言われているようです。
松山市の賃貸物件情報
どんな理由で地名が付けられたかをしるとより一層この地に興味が出てきますよね。歴史の深い松山市へこの機会にお引越しを検討しませんか?賃貸物件も多数あるようなので,きっとご自身の希望に合った賃貸物件を見つけることができることでしょう。