苦境のマンション市場

時代

<空前のマンションブームの終結>
 価格の急騰は当然にマンションの売れ行き不振をもたらす。前述したように、九〇年下半期から二大都市圏の新築マンションの月間契約率は月を追って低下していった。そして契約率の低下は、在庫(売れ残り)の増加を招くことになり、現在、マンションデベロッパーは
契約率低下と在庫増という二重苦に直面している。
 二大都市圏における月間契約率や在庫などの推移を、九〇年八月以降についてまとめてみた。ちなみに、九〇年一~七月まで、首都圏の月間契約串は最低で七九・二%(七月)、最高八九・二%(二月)を記録しており、平均八五・一%だった。また関西圏は、最低が七九・七%(七月)、最高九八・一%(二月)、平均九丁九%という驚くべき高率を記録していた。
 空前のマンションブームが、実感として理解できるだろう。そして、表7をみると、九〇年八月以降の契約串の低下が、九一年はさらに深刻化していることがわかる。
 ところで、マンション不況の実態を、違った視点から分析してみると、興味深い現象を知ることができる。限られた紙幅で、すべての地域について言及することはできないので、代表的な現象のいくつかを取り上げてみる。
 まず、東京都内のマンション市場は、価格の高低や地域の如何を問わず。売れ筋”がほぼ完全に消滅してしまった。八二~八四年の不況期には、まだ城東城北区部のファミリータイプ(3DK、3LDKなど)で即日完売やそれに近い高契約率をマークしたマンションが少なくなかったが、現在はおしなべて売れ行きが悪い。

国民的アニメの舞台ともなったエリアでもある,世田谷区。
そんな世田谷区の魅力について今回は紹介したいと思います。世田谷区は,23区の中でも多くの住宅があり,区全体が住宅都市となっています。また,郊外からも近くアクセス環境も優れていますし,また,芸能人が住んでいる言われている高級住宅街があるため,多くの方がここですむことに憧れを持っている方も多いと思います。
そんな世田谷区の中でもっとも人気があるのが,三軒茶屋です。
通称三茶と呼ばれるこの地域は,テレビでもよく取り上げられる人気のエリアで,オシャレなカフェなどの飲食店が立地しています。ほかにも,下北沢などのエリアもあってどの世帯の方でも住みやすいエリアと言えるでしょう。
そんな世田谷区でぜひあなたも一戸建てを購入しませんか?
ファミリー層に人気があるので一戸建ても豊富にございます。

生活の利便性が高い豊島区で,新築一戸建てを探しませんか。東京都内ということもあり,生活に必要な施設が充実している豊島区。保育園から大学まで,教育施設も豊富なので,仕事と子育ての両立が取りやすい地域でもあります。町は全体的に栄えていて,24時間営業している商業施設もある為,帰りが夜中になってしまう方でも,食事の心配はいりません。住宅街になっているエリアが多いので,好みの物件を見つけるのも簡単。都内で新築一戸建てを探すなら,豊島区がお勧めですよ。

利便性の高いエリアへのお引越しなら八重洲デュープレックスリズがおすすめ。
駅徒歩1分とアクセス面で言うことなし!の物件になります。
マンションの近くには,コンビニやスーパー,医療機関など日々の生活で利用頻度の高い施設も充実しているので快適な暮らしを実現できるでしょう。
お引越しなら八重洲デュープレックスリズをぜひご検討下さい。