マンション投資不振の原因

不況

 投資向けマンションが一転して不振に陥った原因としては、次の諸点を指摘することができる。
 第一に、地価や建築費の上昇によって、投資向けマンションの価格も高水準化した。一方、賃料はそれほど上昇していないから、インカムゲインが低下する。現在、首都圏で新規分譲されるワンルームを購入して賃貸経営を始めても、年間利回りは二%台にすぎないというケースが多い。
 第二に、ワンルーム経営のメリットも業者が宣伝してきた損益通算による税還付が、九〇年の土地税制改正で見直されたことは読者もご承知のとおりである。この見直しによって、ワンルーム経営のメリットが、地価の高い大都市圏ほど減少していく。さらに、八九年までの低金利時代にピリオドを打ち、住宅ローン金利が上昇したことも、投資意欲を冷却化させた。
 第三に、九〇年に再び中古マンションの値下がりが始まったが、中古ワンルームの値崩れが増加して、いまだに底打ちしていない。これによって、キャピタルゲインへの不安も強まってきた。
 以上の三要因が相乗効果を発揮して、個人投資家の。マンション離れ”が加速され、売れ行き不振をもたらしたのである。このような傾向は、九二年以降も早急には改善されないとみてよいだろう。
 地価や建築費の値下がりによって、ワンルームも分譲価格が下がる可能性があり、インカムゲインが若干好転する期待感はあるのだが、損益通算のメリットが低下したことや中古ワンルームの値下がりの及ぼす影響は大きく、投資意欲は簡単には回復しないと考えられるのである。


九州地方の北西部に位置している長崎県。四つの大きな半島を含めると、1000近い島々から、形成されてています。
江戸時代に、海外へ開かれた唯一の門戸として栄えた出島がある事でも知られていますよね。
長崎県は日本海からの暖流が流れる地域なので、年間を通して温暖な気候でとても過ごしやすいですよ。長崎県では移住してきた方を対象に、『移住支援』の取り組みを行っています。
犯罪発生率も全国的に低い長崎県。快適で安心・安全な暮らしが出来るのではないでしょうか。長崎には多くの不動産がありますよ。賃貸物件や売買物件。
または、土地を購入するのもいいかも知れないですね。ライフスタイルに合わせた不動産物件探しをしみてはいかがですか?

関西地方で引越しをお考えの方におすすめしたいのが兵庫県の川西市のエリアです。川西市は兵庫県の南東部に位置しています。兵庫県というと宝塚が有名ですよね。宝塚線の車両は見るだけでも十分楽しめますし,休日にはお出かけして宝塚歌劇をみるのもいいですね。住むとなったらまずは賃貸物件で調べてみて、そしてその地域のことはちゃんと調べておきましょう。川西市には多くの賃貸物件があるのでぜひ一度調べてみてください。

逆瀬川駅で賃貸の取り扱いを考えたことがありますか?
逆瀬川駅は梅田や三宮へアクセスしやすし,街も発展しているのでお買い物も容易に行えるようになっています。不動産は街の中に賃貸や売買物件など,様々でよく考えて行動するのが良いかもしれません。